◆白鵬、39回目の優勝へ意欲 大相撲名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館=中日新聞社共催)で39回目の優勝とともに通算勝ち星記録(1047勝=大関魁皇)の更新を狙う横綱白鵬が27日、名古屋市内で行われた力士会後に会見し、「39回の優勝を目指せば1045、1047という通算勝ち星が見えてくる。そのためにきょうから稽古を再開した。(初日までに)体をつくって頑張っていきたい」と意欲を見せた。

 名古屋場所は10年前に新横綱で迎えた忘れられない場所。それから6回の優勝を重ねたが、2010年は賭博問題などで賜杯の表彰自粛があり、全勝優勝を飾った白鵬は悔し涙を流した。

 「いろいろありました。優しく...    
<記事全文を読む>