卓球の沖縄県内クラブチーム・琉球アスティーダは、日本最高峰の日本リーグ1部に11月から初参戦する。クラブチームでは全国初の1部昇格だ。「沖縄から世界へ!」を掲げて発足から4年。1部の1試合は11月にホーム開催が決まっており、県内の盛り上がりも期待される。外間政克監督は「厳しい戦いになるが、ホーム戦には多くの観客に来てほしい」とメンバーへの奮起も促す。新加入で昇格の原動力となったドイツ・ブンデスリーガ2部で活躍する22歳の小澤吉大も県内大会に出場するなど、アスティーダの一員として1部参戦への思いは熱い。(石井恭子)■若手補強で力 大会前、五輪メダリスト・福原愛の夫でリオ五輪台湾代表の江宏...    
<記事全文を読む>