【江別】野幌総合運動公園プールで国内強化合宿を行っている水球日本代表(ポセイドンジャパン)の女子チームが25日、同プールで練習試合を公開した。市民ら約200人が観戦し、水中の格闘技と呼ばれる水球の面白さを味わった。

 キャプテンの鈴木琴莉さん(20)ら選手25人は19日に来道し、ハンガリーのブダペストで開催される世界水泳選手権(7月16~28日)に向けて、29日までの11日間、同プールと北翔大トレーニング室を利用して練習に取り組んでいる。

 市民らに水球の魅力を知ってもらおうと、練習試合を公開。加藤英雄監督が「プールを占有して練習できる環境はなかなかなく、実り多い合宿になっていると確信して...    
<記事全文を読む>