大相撲名古屋場所(七月九日初日・愛知県体育館=中日新聞社共催)に新大関として臨む高安(27)が、新番付が発表された二十六日、愛知県長久手市の田子ノ浦部屋宿舎で会見し、しこ名が一回り大きくなった番付表を眺めて「一つ大きくなってうれしい気持ち」と喜びを語った。

 ただ、笑顔は見せず「責任の重さを自覚してしっかり取り組みたい」と続けた。五月末の昇進伝達式の直後には大関と呼ばれることへの気恥ずかしさを明かしたことがあったものの「実感は日に日に大きくなってきた」と自覚も芽生えてきたという。

 改めて大関としての理想像を問われると、「正々堂々精進します」と言った昇進の口上に重ねるように「堂々としたもの...    
<記事全文を読む>