7月の大相撲名古屋場所の新番付が26日に発表され、幕内の御嶽海(本名・大道久司、長野県木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は、西の関脇に初めて昇進した。長野県出身の新関脇は1933(昭和8)年1月場所で西関脇に就いた高登(下伊那郡喬木村出身)以来、84年ぶりとなる。

 御嶽海は東小結だった直近2場所で、3月の春場所が9勝6敗、5月の夏場所が8勝7敗と勝ち越した。夏場所は三賞の殊勲賞に初選出された。春場所は関脇も全員が勝ち越したために夏場所は同じ番付にとどまったものの、名古屋場所は高安の大関昇進などを受けて関脇に上がった。

 御嶽海は26日朝、愛知県犬山市内の部屋宿舎で、安全祈願の土俵祭りに出席。...    
<記事全文を読む>