花巻市総合体育館で26日開幕する第5回東アジアU―22ハンドボール選手権のウエルカムパーティー(同市主催)は25日、同市湯本のホテル紅葉館で開かれた。同日本県入りした参加5カ国・地域の関係者らが交流を深め、大会への意気込みを示した。

 日本、韓国、中国、台湾、香港の監督や大会関係者約70人が参加。達増知事が「熱い戦いと、国際交流を深められる大会となることを願っている」と歓迎し、花巻市の上田東一市長は「一流の技を見られることを県民、市民は楽しみにしている」とあいさつした。

 各国・地域の代表者は一言ずつ抱負を語り、台湾男子の賴文宗監督は「大会に参加できてうれしく思う。各国と試合をすることで台...    
<記事全文を読む>