頭でゴム製ボールを打ち合うニュースポーツ「ヘディス」。発祥の地ドイツなど欧州で人気がじわりと広がっており、日本で8月に初の全日本選手権が催され、7月9日には兵庫県篠山総合スポーツセンター(同市郡家)で関西予選が開かれる。「ヘディング卓球」とも呼ばれ、全身を使うハードなスポーツだが、日本ではまだ競技人口が少なく、愛好家たちは「全国大会の可能性もあるのでぜひ挑戦を」と参加を呼び掛けている。

 ヘディスは、1対1で台を挟み、直径約16センチのゴム製ボールを頭で打ち合う。2006年にドイツの大学生が考案したスポーツで、全身を使って打ち、時には台の上に乗ってプレーするほど躍動的な動きが特長。ルール...    
<記事全文を読む>