国内初開催となるハンドボールの第5回東アジアU-22選手権は26日、花巻市総合体育館で開幕し、男女各5カ国・地域が7月2日までの6日間(6月29日は休息日)熱戦を繰り広げる。男女ともに第1回から東アジア王座に君臨する韓国の5連覇を地元日本が阻止できるかが最大の焦点だ。

 25日は各国・地域のメンバーが本県入りし、同体育館で公式練習がスタートする。夜には花巻市内のホテルで歓迎パーティーが開かれ、代表選手らが激闘を前に交流を深める。

 平日の観戦は無料。7月1、2日の入場前売り券は一般・大学生2千円(当日2500円)、高校・中学生千円(同1500円)、小学生500円(同700円)。花巻市総合体...    
<記事全文を読む>