■コストフ大使が訪問―市長と懇談、選手にエール ブルガリアのボリスラフ・コストフ駐日大使は23日、同国新体操ナショナルチームが東京五輪に向けた事前キャンプを行っている村山市を訪れた。コストフ大使は市役所で志布隆夫市長らと懇談した後、練習会場の市民体育館に移動し、選手たちを激励した。

 コストフ大使は「今回のキャンプが村山とブルガリアの交流を深めるステップになると希望している」とあいさつ。志布市長は「チームが来てくれて村山市が明るくなった」と歓迎した。市民体育館を訪れたコストフ大使は選手らに「東京五輪でメダルが取れるよう、練習に励んでほしい」とエールを送った。

 コストフ大使は引き続き東沢バラ...    
<記事全文を読む>