全日本自転車競技選手権ロード・レースが23日、青森県階上町の階上岳登山口周辺周回コースで開幕した。初日は1周13キロのコースの周回タイムを競う男女個人タイムトライアル(TT)の年齢別6競技を実施。青森県関係選手は23歳以上のエリート女子で上野みなみ(八戸工-鹿屋体育大大学院出、Ciel Bleu 鹿屋)が、目標の表彰台は逃したものの昨年大会に続き4位に入った。同大会初出場の工藤めぐみ(AC八戸学院)は6位入賞と健闘。男子はジュニアで昨年大会3位だった山本真寛(八工大一出、早大)が9位、エリートの石橋学(青森山田-鹿屋体育大出、ブリヂストンアンカー)も9位だった。

...    
<記事全文を読む>