9月に愛媛で開催される第72回国民体育大会の予選となる四国ブロック大会が、24日から8月27日まで徳島県内を主会場に開かれる。開催県の愛媛は全競技にエントリーできるため、他の3県が本大会の出場権を争う。低迷が続いている徳島にとっては、神奈川国体以来、19年ぶりに男女総合の天皇杯順位が30位台以上に浮上できるチャンスで、予選では30競技で出場権獲得を目指す。

 四国ブロック大会は国体出場への最終関門となる。徳島県内では26競技を実施。他県分を合わせると、計31競技の最大166枠を巡って攻防を繰り広げる。

 過去10年間の徳島の天皇杯順位は2009年の新潟国体の40位が最高。30位台はなく、最...    
<記事全文を読む>