国内外の障害者スポーツ大会で優秀な成績を収めた選手をたたえる「県障害者スポーツ奨励賞」の表彰式が21日、県庁で行われた。3月にオーストリアで開催された知的障害者の祭典「スペシャルオリンピックス冬季世界大会」のスノーボード競技に出場した女性2選手に賞状が贈られた。

 表彰されたのは、スノーボード上級回転で1位、同大回転で3位に輝いた二ノ宮悠さん(27)=上越市=、スノーボード初級回転で2位、同大回転で1位になった小関都さん(35)=同=の2人。

 米山隆一知事から「いろいろな選手のお手本になってください」とねぎらいの言葉を掛けられた2人は「また世界大会に出場したい」と、声を合わせて意気込みを...    
<記事全文を読む>