5月に行われた世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチで新王者となった拳四朗(BMB、京都府城陽市出身)が21日、京都市中京区の京都新聞社を訪れ、タイトル獲得の思いや今後の抱負を語った。

...    
<記事全文を読む>