日本ホッケー協会は21日、7月のワールドリーグ準決勝ラウンド(ヨハネスブルク=南アフリカ)に臨む男女の日本代表各18人を発表した。女子はリオデジャネイロ五輪代表の湯田葉月や錦織えみ、加藤彰子、浅井悠由(以上コカ・コーラウエスト)らを選出。男子は広島山陽高出身のGK新本優(名古屋フラーテル)や山崎晃嗣(山梨学院大、島根・横田高出)らが名を連ねた。

...    
<記事全文を読む>