国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級タイトルマッチ(7月2日・豪州ブリスベン)に挑む同級3位の帝里(ている)木下(千里馬神戸)が20日、神戸市中央区の所属ジムで練習を公開した。王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との対戦を控え「調整はばっちり。ベストの状態で臨みたい」と充実ぶりを漂わせた。

 帝里は大阪市生野区出身、神戸市灘区在住。31歳のサウスポーで27戦25勝(8KO)1敗1分け。2014年のIBF同級タイトルマッチでの敗戦から「自分を変えないと前に進まない」と周囲の助言を素直に聞くようになったといい、「一回り、二回り大きくなった」と自信を深める。

 アンカハスもサウスポ...    
<記事全文を読む>