バドミントンの兵庫県総合選手権(神戸新聞社後援)最終日は18日、神戸市兵庫区の三菱重工神戸スポーツセンターであり、実力最上位の男子一般シングルス決勝は友金利玖斗(村野工高)が2-0で3連覇を狙った中原拓也(関学大)を下し、68回の歴史で初の高校生王者に輝いた。

...    
<記事全文を読む>