来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に出場するアイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」候補の今季初合宿が18日、苫小牧市白鳥王子アイスアリーナで始まった。15歳から35歳の35人が大舞台に向けてスタートを切った。

 初日は2班に分かれて約2時間半、シュートやパスなど基礎的な氷上練習や筋力トレーニングをこなした。FW大沢ちほは「いよいよ始まった。若い選手もいて刺激になる。五輪に向けてスタミナをつけたい」と意気込んだ。

...    
<記事全文を読む>