卓球の荻村杯ジャパンOP最終日は18日、東京体育館で行われ、男子シングルス準決勝で水谷隼(木下グループ、青森山田高-明大出)は世界選手権個人戦で準優勝の樊振東(中国)に1-4で敗れた。◎中国選手に善戦「距離縮まった」 1-4のスコアより、競り合った印象を残した。日本勢で唯一勝ち残っていた水谷が男子シングルス準決勝で敗退。「最後はかなりいい打ち合いができた。良かったと思う」。開口一番、勝者のように振り返った。

 0-3の第4ゲームで5点を連取された。完敗ペース。沸き立つアウェーの中国ファンを黙らせるのが日本のエースの意地だった。

 「最後は顔がこわばっていた。これはいける」。台越しに相手の表...    
<記事全文を読む>