大相撲夏場所で十両優勝した錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)の祝賀会は17日、盛岡市内のホテルで開かれ、関係者やファンら約200人が、栄冠をつかんだ郷土力士を激励した。

 県後援会(玉沢徳一郎会長)や有志らが主催。伊勢ノ海親方(元幕内北勝鬨)や盛岡合宿に参加した序二段の漣(さざなみ)(奥州市出身)ら弟弟子も出席した。玉沢会長は取り直しの末の劇的な勝利に「熱心な声援を力に奮闘努力した結果。粘り強く戦ってくれた」とたたえた。

 伊勢ノ海親方は「(混戦の中)10勝は大したもの。優勝を自信に三賞、三役を目指してほしい」とねぎらった。錦木は「十両に落ちてしまったが優勝して帰って来ることができた。三役...    
<記事全文を読む>