【東京支社】レスリングの世界選手権(8月・パリ)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権第2日は17日、東京・代々木第二体育館で男女計9階級が行われ、本県関係では男子グレコローマンスタイル75キロ級の沢田航(中京学院大4年、宮古商高)が3位に入った。準決勝で、優勝した屋比久翔平(ALSOK)に敗れた。

 男子フリースタイル74キロ級はリオデジャネイロ五輪代表の高谷惣亮(ALSOK)が2年ぶり4度目の優勝を果たし、代表に決まった。

 97キロ級は山本康稀(GSA)が制したが、プレーオフで昨年の全日本選手権覇者の赤熊猶弥(自衛隊)が勝って代表入り。グレコローマンスタイル130キロ級は園田新(ALSO...    
<記事全文を読む>