県内出身力士として二十年ぶりに関取となった朝乃山関(23)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=のトークショーが十七日、同市婦中町下轡田のファボーレであった。新十両から二場所連続で勝ち越しを決めた故郷のヒーローを一目見ようと大勢の市民らが駆けつけた。(酒井翔平) 司会者の「ご飯はどれぐらい食べるのか」との質問には「米は丼三杯とおかずを少し。結構小食なので」と返し、笑いを誘った。プロの力士になる上で必要なものを問われると「何事にも挑戦する気持ちが必要だ」と力を込めた。

 七月九日に開幕する大相撲名古屋場所に向け「勝ち越しを目指すので、応援よろしくお願いします」と話し、大きな拍手が送られた。その後の...    
<記事全文を読む>