女子シングルス準々決勝で敗れた伊藤(スターツ、磐田市出身)が声を詰まらせた。「悔しいというよりもったいない」。世界ランクは43位ながら、2014、15年の世界ジュニア女王で、過去3戦全敗を喫している王曼☆(中国)から金星を逃した。

 2ゲームを連取し、第3ゲームも3-9から7連続得点などで11-10とゲームカウントを握った。だが、1本のミスで流れが反転した。甘く浮いた相手のサーブレシーブへの強打がアウト。ここから4ゲームを奪われた。

 それでも、壁を一つ越えた。過去の対戦で圧倒されていたバックハンドで打ち勝った。第3ゲームのミスも、松崎コーチは「チャンスボールが来る準備ができていなかったが...    
<記事全文を読む>