2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、山梨県内の市町村で海外代表チームの事前合宿誘致・受け入れの動きが本格化している。各国チームは東京に隣接する立地条件と自然豊かな練習環境の山梨に注目、県内市町村は世界的なスポーツの祭典を地域振興につなげ、住民が一流選手に接し、交流する機会にしたいという狙いがある。既に基本合意に達した自治体もあり、今後さらに活発化しそうだ。現状をまとめた。

...    
<記事全文を読む>