17日に袋井市のエコパスタジアムで行われるラグビー国際テストマッチに合わせて浜松市入りしたアイルランド代表チームが16日、同市南区の遠州灘海浜公園球技場で高校生を対象にラグビー教室を開いた。

 アイルランド代表のジョー・シュミットヘッドコーチらコーチ陣5人、代表選手4人が指導に訪れた。浜松湖南高(西区)、浜松工業高(北区)、浜松湖北高(同)のラグビー部の生徒約75人が参加し、身ぶり手ぶりを交えたアドバイスを受けながらパス、キャッチ、キックなどの基礎技術を磨いた。

 少人数の2チームに分かれ、パスを回しながらボールを相手にタッチする鬼ごっこ形式の練習にも取り組んだ。コーチらは「相手を追い込む...    
<記事全文を読む>