2020年東京五輪・パラリンピックに向け、村山市のホストタウン対象国となったブルガリアの新体操ナショナルチームが、同市で行う事前キャンプ「ROSE CAMP(ローズキャンプ)」のため来日した。15日に市役所を表敬訪問し、市民の歓迎を受けた。

 訪れたのは、選手13人、スタッフ11人、通訳2人の計26人。14日夜に来日し、28日まで同市に滞在する。期間中、市民体育館でトレーニングを積み、19、20、22、23の各日は練習を公開。24、25の両日は公開演技会を開く。華道や茶道など日本の文化にも触れる。

 市役所で行われた歓迎式で、志布隆夫市長が「一生懸命練習し、素晴らしいキャンプになることを願...    
<記事全文を読む>