二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの自転車ロードレース競技について、多摩市は十五日、市内の道路を含むコースと決定するよう求める要望書を、都や大会組織委員会などに提出した。コースを決める国際自転車競技連合(UCI)が、静岡県内をゴールとするルートを検討する動きを見せていることから、市は招致段階で都などが提案した通り、市内を通るルートで検討するよう求めた。

 阿部裕行市長が都庁を訪れ、小池百合子都知事あての要望書を塩見清仁オリンピック・パラリンピック準備局長に手渡した。同文の文書を市職員らが大会組織委やUCI傘下の日本自転車競技連盟にも届けた。

 要望書は、招致段階では多摩市など多摩地域を周回...    
<記事全文を読む>