前橋市は、未経験者や子どもでもチャレンジできる“日本一やさしいトライアスロン”と銘打った「前橋トライアスロンフェスタ」を九月三十日、同市の敷島公園周辺で初開催すると発表した。短い距離設定で、本格的なロードバイクではなく“ママチャリ(軽快車)”でも参加できるなど門戸を広げ、幅広い世代の参加を呼びかけている。

 トライアスロンはスイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(長距離走)を連続して行う競技。夏季五輪の正式種目でスイム一・五キロ、バイク四十キロ、ラン十キロのレース距離が採用されている。

 この大会の一般部門ではスイム五百メートル、バイク十六キロ、ラン四キロといずれも短い距離設定にした。スイ...    
<記事全文を読む>