秋田県横手市出身の力士、阿部桜(ざくら)浩司さん(25)=本名・阿部浩一、式秀部屋(茨城県龍ケ崎市)=が、念願の角界デビューを果たした。新弟子検査の受検年齢引き上げに伴い、一度は諦めた大相撲への道が開けた。東序ノ口18枚目で臨んだ5月の夏場所は5勝2敗と勝ち越し、「稽古を積み、3年後の関取(十両以上)昇進を目指す」と話す。

 阿部桜さんは身長167センチ、体重162キロ。小学2年生の頃に相撲を始め、平鹿中、平成高で相撲部に所属。中学では全県総体の団体で優勝を経験した。高校では膝のけがで満足に稽古ができず、目立った成績を残せなかった。

 師匠の式守秀五郎親方(45)=元前頭・北桜=は阿部桜さ...    
<記事全文を読む>