滋賀県は13日、2024年に開催される国体と全国障害者スポーツ大会のマスコットキャラクターについて、固有のビワコオオナマズをモチーフしたデザインを選んだと発表した。愛称は「チャッフィー」に決めた。県のイメージキャラ「キャッフィー」とともに両大会をPRする。

 チャッフィーは大きな目とぽってりした唇が愛くるしい。泳ぎは得意だが、陸でのスポーツは苦手という設定。2歳下の幼なじみ、キャッフィーとのコンビで人々の心を「キャッチ」する意味があるという。

 デザイン、愛称いずれも埼玉県狭山市のグラフィックデザイナー池田克也さんが考案した。デザインは、公募した1674件から最終候補5作品に絞り、さらに県...    
<記事全文を読む>