日本アイスホッケー連盟は12日、来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に出場する女子日本代表の強化合宿に参加する代表候補を発表し、FW大沢ちほ(道路建設ペリグリン)久保英恵(西武)GK藤本那菜(ボルテックス札幌)ら今年2月の五輪最終予選を戦ったメンバー21人に14人を加えた35人が選ばれた。

 本県関係では、久慈設計(本社盛岡市)東京支社に勤務するGK小西あかね(西武、北海道・釧路東高)がメンバー入りした。小西は五輪最終予選の代表に選出され、4月の世界選手権ディビジョン1Aでは2試合にフル出場し、ともに無失点と活躍した。

 合宿は18日から26日まで北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで行わ...    
<記事全文を読む>