愛媛国体のリハーサル大会を兼ねたスポーツクライミングのリード・ジャパンカップ愛媛大会最終日は11日、準決勝と決勝を行い、女子は昨年12歳で最年少優勝した森秋彩(茨城県連盟)が連覇した。

 男子は17歳の本間大晴(埼玉県連盟)が優勝。県勢は清水裕登(県競技力向上対策本部)が5位、徳永潤一(クライミングウォールアッセントレイ)が6位だった。

...    
<記事全文を読む>