50歳以上の元高校球児たちが試合形式でプレーを楽しむ「兵庫グランドOB野球大会」が11日、神戸市西区の滝川第二高であった。審判などを含めて約100人が参加し、約70人の選手たちがはつらつと白球を追いかけた。

 参加者の親睦を深め、健康増進にもつなげようと、毎年この時期に開かれており、今年で23回目になる。参加選手たちは4チームに分かれ、トーナメントで優勝を争った。「この年齢になってもグラウンドに出て野球ができる。幸せだし、ありがたいこと」と代表世話人の桑原一之さん(73)。

 決勝は「県芦屋・育英・関学チーム」が12-7で「兵庫・甲陽・六甲チーム」を破り、初の頂点に。試合後は懇親会があり、...    
<記事全文を読む>