2017年度前期の日本卓球リーグ女子1部最終日は11日、松江市で行われ、アスモ(湖西市)が3―1で愛媛銀行(松山市)に勝利し、6勝1敗で優勝した。アスモの優勝は14年度前期以来で3年(6シーズン)ぶり3回目。  アスモは5月17日の開幕戦で日本生命(大阪市)に敗戦したが、同31日の湖西市で開かれたホームマッチ中国電力(広島市)戦から6連勝を飾った。いずれも3―1、3―2の接戦を制した。  アスモからは最高殊勲選手賞に永尾尭子、優秀ペア賞に平田有貴・永尾組が選ばれ、表彰された。平田・永尾組は1月の全日本選手権女子ダブルスで初優勝した勢いを日本リーグでも見せた。 ...    
<記事全文を読む>