【宮古島】世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツジム、浦添市出身=が11日、「第二の故郷」と公言する宮古島市に凱旋(がいせん)した。比嘉は宮古工業高校でボクシングを始めたこともあり、比嘉にとって宮古島市はボクサー人生の原点。偉業をたたえようと、市平良の西里大通りでは凱旋パレードが開かれた。具志堅用高会長と共にオープンカーに乗った比嘉を一目見ようと、約3千人(主催者発表)が駆け付け、通りは一時騒然となった。市内一の繁華街は“比嘉大吾一色”に染まった。

 パレード後に催された市民報告会で比嘉は「連続KO記録や将来的な統一戦を『アララガマ魂』で目指し...    
<記事全文を読む>