ラグビーの兵庫県フェニックスフェスティバル(神戸新聞社後援)は11日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場などで開かれた。県民体育大会少年の部決勝は、報徳高が関学高を71-12で破って2連覇。3位決定戦は市尼崎高が神戸科技高を19-14で下した。

 報徳高は前半に6トライを挙げて40-0で折り返し、後半も5トライを加えて突き放した。関学高は後半に2トライを返したが、及ばなかった。

 同フェスでは、トップリーグの神戸製鋼とサニックスのプレシーズンマッチも行われ、神戸製鋼が43-17で勝利。ほかに、スクール中学生の交流試合や、2019年のワールドカップ(W杯)神戸開催をPRするイベントなどもあった...    
<記事全文を読む>