40歳以上のラガーマンによる第46回東日本不惑ラグビーフットボール大会が10日、酒田市光ケ丘球技場で開幕した。80代まで約380人が参加し、年齢を感じさせない迫力ある試合を繰り広げた。

 不惑ラグビーは、40代は60代以上にタックルしてはいけないなど安全のためのルールを設け、幅広い年齢の愛好家が楽しんでいる。大会には隣県や北海道、東京都から13チームが参加。順位ではなく交流が目的で、仲間とのプレーに熱中していた。

 春、秋のシーズン中は月2~3回試合に出場しているという神奈川不惑クラブの木内幹雄さん(82)は「試合に出る筋力と健康を維持するため、普段からトレーニング、ストレッチを欠かさない...    
<記事全文を読む>