日本パラ陸上選手権最終日は11日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、リオデジャネイロ・パラリンピックで2個の銀メダルを獲得した男子(車いすT52)の佐藤友祈=藤枝市出身=が100メートル、400メートル、1500メートルで優勝した。400メートルで57秒44、1500メートルでは3分40秒81の大会新を出した。10日の800メートルと合わせ4種目制覇。

 女子400メートルでは視覚障害T13の佐々木真菜が1分0秒19、車いすT34の北浦春香が1分13秒76で、ともにアジア新記録をマークした。切断などT47ではリオ大会銅メダリストの辻沙絵が1分0秒40の大会新で走った。

...    
<記事全文を読む>