サッカーのリフティングにダンスの要素を取り入れた「フリースタイルフットボール」で、日本一の足技を持つ男性が平塚市役所にいる。同市障がい福祉課に勤める久保宇史(たかし)さん(27)。今後も二足のわらじを履きながら、「多くの人を笑顔にしたい」という思いでパフォーマンスと地域の福祉充実に力を注ぐ。

 日本の頂点に立ったのは、平塚市役所で働き始めたばかりの2015年4月。埼玉県越谷市で行われた「ジャパンフリースタイルフットボールチャンピオンシップ」に出場し、約100人が出場した予選を勝ち抜くと、決勝ラウンドで高校生から20代後半までの31人と競い合った。

 その決勝ラウンドでは、ブレークダンスのよ...    
<記事全文を読む>