競泳の県ジュニアオリンピックカップ夏季大会は10日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿水泳場(長水路コース)で開幕。初日は56種目の決勝があった。県水泳連盟の今年度最初の公式戦。11、12歳女子100メートル自由形は奥村日菜(JSS白子)が1分2秒39の県学童新記録で優勝。15~18歳男子200メートルバタフライは三重高3年で、JOCオリンピック強化指定選手の阪本祐也(大紀SC)が1分59秒55で制した。全国ジュニアオリンピックカップ夏季大会(8月・東京辰巳国際水泳場)の予選や国体の県代表選考会を兼ねて2日間の日程で行われる。小、中、高校生を中心にオープン参加の大学生を含む39チーム862...    
<記事全文を読む>