「そうそう」「もっと強く!」「今、今、今!」。蒸し暑い阿久根市武道館に高校生ボクサーへ指示が響く。声の主は草ノ瀬慎弥さん(27)。4月から阿久根市地域おこし協力隊の一員として、スポーツ推進課で働きながら国体を目指す現役アマチュアボクサーだ。

...    
<記事全文を読む>