【那須塩原】国内最大規模の障害馬術大会「第29回那須グランドホースショー」(那須トレーニングファーム主催)が11日まで寺子の同ファームで開かれている。

 大会は日本馬術連盟公認の最高クラスの競技会。9日から始まり3日間で計15競技が行われ、全国から馬約200頭、選手約500人が出場する。11日に行われる「那須グランプリCSI1★-W NASU」は、来年4月にフランスで開かれる障害馬術のワールドカップの国内予選会の一つに位置付けられている。

 10日は中障害などの5競技が行われ、選手たちは人馬一体の妙技で障害を次々と乗り越えていた。

...    
<記事全文を読む>