ビーチラグビージャパンツアー第1ラウンドの第14回東海大会(静岡県ビーチラグビー協会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が10日、浜松市南区の遠州灘海岸で開幕した。全国から4部門に計47チームが参戦し、熱戦を展開している。11日まで。

 初日は各カテゴリーのリーグ戦などを行った。さわやかな海風が吹く中、選手は砂に足を取られながら、だ円形のボールを追った。ラグビー文化の盛り上げや競技人口拡大を目的に、初心者向けの試みとして初めて設けた「ビギナートーナメント」には8チームが出場した。高校生リーグも行った。

 最終日は決勝トーナメントを予定。「B1プレミアム」と「レディース」の2部門の優勝チームは、...    
<記事全文を読む>