ラグビーワールドカップ(W杯)2019県開催推進委員会は10日、日本代表のテストマッチ「日本-ルーマニア」のパブリックビューイングとトークショーを静岡市清水区のエスパルスドリームプラザで開いた。17日に袋井市のエコパスタジアムで行われるアイルランド戦もPRした。

 トークショーには元日本代表でW杯2019アンバサダーの大畑大介さん、トップリーグ・ヤマハ発動機OBの高木重保さんらが参加。前半終了後に大畑さんが「ルーマニアに反則が多いのは、日本代表の攻撃に対応できていないから」と説明するなど、プレーや見どころを解説した。

 会場には大勢の市民が集まり、好プレーに歓声を上げた。県立科学技術高ラグ...    
<記事全文を読む>