2020年東京五輪の新種目に卓球の混合ダブルスが採用されたのを受け、世界選手権個人戦(ドイツ)で石川佳純(全農、山口市出身)とのペアで日本勢として48年ぶりに優勝した吉村真晴(名古屋ダイハツ)が10日、母校の山口市の野田学園高で会見した。「間違いなくメダルを取れると思っているので、自分にとっても新たなモチベーションになる」と歓迎した。

...    
<記事全文を読む>