東京五輪の選手数は野球・ソフトボールなど追加5競技を除くと、昨夏のリオデジャネイロ五輪から285人減らし、1万616人となった。大きく削減されたのは105人減の陸上、64人減の重量挙げと56人減のレスリング。3競技で全体の約8割を占め、いずれもドーピング再検査で違反が相次いでいる競技だった。取り締まりを強化しなければ、競技を縮小する。IOCの強い意思表示だった。

 臨時理事会後の記者会見でIOCのトーマス・バッハ会長は国際重量挙げ連盟に対して、旧ソ連を中心に横行するドーピング違反の報告書を12月までにまとめ、提出するよう求めた。2024年五輪の実施競技から除外することにも言及し「選手数の...    
<記事全文を読む>