第66回仙台市中学校総合体育大会が10日開幕し、宮城野区の市陸上競技場で開会式があった。選手を代表し、仙台二華中陸上部部長の会沢凪(なぎ)さん(3年)が「今までの努力の日々と仲間を信じ、最後まで戦います」と宣誓した。

 大会は12日までの3日間の日程で行われ、市内74校の計約1万3000人が出場する。県中学校総体(7月22~25日)出場に向け、陸上や体操、バレーボールなど14種目で熱戦が繰り広げられる。

...    
<記事全文を読む>