世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者に輝いた比嘉大吾選手(21)=浦添市出身、宮古工業高出、白井・具志堅スポーツ=をたたえる祝勝会が9日、那覇市内のホテルで開かれた。同級生や県内のボクシング関係者など約500人が参加し、比嘉選手の快挙を祝った。

 比嘉選手は「皆さんのおかげで世界チャンピオンになれた。もっと努力して上を目指すので、これからもよろしくお願いします」と感謝と決意を述べた。

 また、沖縄タイムス社は県民に夢と希望を与えたとして比嘉選手に「沖縄タイムス特別スポーツ賞」を贈った。贈呈式で豊平良孝社長は賞状とトロフィー、賞金などを手渡し「歴史に残る偉大なチャンピオンになって」と激...    
<記事全文を読む>