鈴木英敬知事は九日の定例記者会見で、パラリンピックの正式種目に採用されている障害者スポーツ「ボッチャ」のアジア・オセアニア地区大会が来年三月十八日―二十二日までの五日間、県営サンアリーナ(伊勢市朝熊町)で開かれると発表した。約二年間にわたる県の誘致活動で実現。ボッチャの国際大会が国内で開かれるのは初となる。パラリンピックの日本代表や大会を主催する日本ボッチャ協会の役員らが九日、県庁を訪れ、鈴木知事に開催支援を求めた。ボッチャは、二手に分かれてボールを六つずつ転がし、標的との距離を競うスポーツ。欧州発祥で、五十カ国で楽しまれている。全国障害者スポーツ大会では平成三十三年の三重大会から正式...    
<記事全文を読む>