十四日からベラルーシで開かれる「世界クラシックパワーリフティング選手権大会」のマスターズ部門に、四日市市から二人が出場する。日永のスポーツ教室講師辻紀子さん(52)と、笹川の会社員伊藤高行さん(52)。辻さんは四連覇を目指す。二人は市役所を訪ね、森智広市長に抱負を語った。

 マスターズ部門は四十歳以上が対象で、年齢別に十歳刻みで四クラスに分かれる。二人はその年に五十歳以上となる「マスターズ2」クラスで、辻さんは女子47キロ級、伊藤さんは男子74キロ級に出る。

 辻さんは二十代から筋力トレーニングを始め、三十代でボディービルの全国大会を制した。五年前からパワーリフティングに取り組む。昨年九月...    
<記事全文を読む>