青森県つがる市の小学生男子バレーボールチーム「稲垣少年クラブ」の男性監督(30)が5月、クラブ員の6年生2人を平手で殴ったり蹴ったりする体罰を加えていたことが9日、関係者の話で分かった。平手打ちされた1人は鼓膜が破れ約2週間のけがを負った。監督は市消防署員で、市は処分を検討している。

...    
<記事全文を読む>